メディア露出していない市町村の被害状況は? 被災地の課題をシェアする第2回Meetup


13241466_1609698346024537_888761491_o

JR熊本駅前の貸会議室「えきまえスペース」で5月18日、熊本地震の被災地の課題を話し合うイベント「むしゃんよか熊本Meetup(ミートアップ)」が開かれました。イベントは、被災者と支援者のニーズのギャップを埋めようと、10日に初めて開催。今回が2回目となります。

13242037_1609698652691173_549203217_o

この日は、大津町、南阿蘇村・立野、益城町など、熊本市以外で支援活動にあたってらっしゃる方の参加が目立ちました。

13262614_1609692222691816_1965559740_o

大津町から参加された男性によると、同町は18日時点でもまだ11カ所の避難所が残っているとのこと。「避難者らのメンタルケアと生活再建が急務」と訴えますが、「行政は圧倒的な業務量の中で、全く手が回っていない」状況だそうです。

13262581_1609691776025194_392192206_o

益城町の女性は、「うちの近所は今もまるで空爆後のような景色が広がっている。瓦礫撤去には多くのボランティアの手が必要だ」と強調。また、インフラは一部で回復したものの、自宅が倒壊するなどして今も車中泊を続けている人がおり、その人数は全く把握できていないと訴えました。

13262573_1609691749358530_1346807770_o

南阿蘇村立野の男性は、「立野はもともと水に弱い地域」と指摘。「これから台風が来るのでさらなる被害拡大が心配。住民の中にはそれが怖くて避難している人もいるのではないか」と推しはかりました。

13262509_1609698499357855_1708155946_o

農業の問題も徐々に明るみに出てきています。
農業支援に携わる男性は、被災地の農業が直面している問題として、インフラ被害、人手不足、販路消滅の3点を列挙。出荷先の被災などで既存販路を失った農家、農地やインフラ被害で農作物の生産ができなくなっている農家の両方へ支援をすべきと訴えました。

13262163_1609698412691197_938246180_o

今回のイベントで感じたのが、復興までにはまだまだ長い時間がかかるということ。
発災から1カ月を過ぎ、報道量は大きく減りました。しかしながら、避難されている方々の生活再建や、農地の復旧など、課題は山積しています。
さらには、まだ顕在化していない課題もたくさんあるでしょう。
引き続き、イベントなどを通し、課題の掘り起こしを続けていくことの必要性を強く感じました。

13262137_1609691722691866_554095405_o

13242304_1609698606024511_1663381370_o

13242087_1609692202691818_661921254_o

13241612_1609691889358516_1427657280_o

13241554_1609691712691867_74353428_o

13241500_1609698379357867_1867549269_o

13241442_1609692026025169_1373929108_o

13234937_1609692269358478_1891316477_o

13234705_1609698336024538_554461937_o

13234549_1609691879358517_887128799_o

13230954_1609692246025147_1647205302_o

13230738_1609692136025158_2077641498_o

13225180_1609691696025202_187466646_o

13225104_1609692229358482_1113817432_o

13225009_1609692146025157_985078958_o

13224294_1609698736024498_1876947266_o

13224110_1609692256025146_875098591_o

13223609_1609691962691842_1359180695_o

13223459_1609698472691191_842000146_o

13223458_1609691762691862_377028638_o

13223417_1609692066025165_127236309_o

13214539_1609698536024518_1197635954_o

「いいね」を押すと、新着記事のお知らせを受け取ることができます⇩

You may also like...