熊本城を報道陣に初めて公開 ー5月12日熊本地震記事クリッピング


話題になった熊本地震関連の記事(5月11〜12日)の中で、特に重要だと感じたものを紹介します。

地震後初めて報道陣に公開された、熊本城の様子を伝える記事が、SNSで数多くシェアされています。

熊本県民にとって精神的支柱でもある熊本城。地震によって傷ついた姿は、被災者に大変なショックを与えました。
報道陣に対しては、これまでドローンでの撮影が許可されることはありましたが、城内での取材許可は初めてのこととなります。

熊日新聞の飛松佐和子記者は、「『ゆがんだ曲線』が多い」と表現。朝日新聞の西畑志朗記者は、国の重要文化財の不開(あかずの)門などについて、「元の姿が想像できないほどに壊れていた」と記しています。

朝日新聞の報道によると、熊本城総合事務所は「石垣や建物が余震などで倒壊する恐れもあり、復旧の見込みや一般公開のめども立てられない」としており、元の美しい姿が見られるのはまだ先のことになりそうです。


「いいね」を押すと、新着記事のお知らせを受け取ることができます⇩

You may also like...